学校制度と歴史

医薬部外品という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。よく化粧品やシャンプーなどにも使われている表示の1つです。

 

もちろん育毛シャンプーにもこの医薬部外品という言葉が付けられているものが大半です。この意味をあまり気にしたことがない人や、「医薬品ではないもの」という認識の人も多いのではないでしょうか。

 

人によっては「薬じゃないから、医療品と間違えないように」という意味だと思っていたという人もいます。

 

実はそのとおり「医薬品ではありませんよ」という表示ではあるのですが、「医薬品ではないけど、効果が期待されるものですよ」という意味なのです。医薬品にするには、許可を受けるまえに長い時間とコストがかかります。(参考:http://coalitionmug.com/ikumoushampoo-kouka.html

 

それはとても膨大なものになるとのことです。つまり医薬品にするには、なかなか発売できないことや品物の価格が高くなってしまうことがあるのです。例えば育毛シャンプーなら髪の毛のために効果の高い成分が、薬ではなく植物や自然のものから抽出されることがあります。

 

医薬部外品にすれば、それらをわたしたちはいち早く使うことができるわけです。自然のものの中には薬と酷似した成分があると認められているものもたくさんあります。

 

これらは副作用もないので安心して育毛成分として使うことができ、その上高い効果も望めるわけです。利用者のわたしたちにとってはいいものが発見されたり研究されたりしたら、それを少しでも早く手に入りやすい価格で欲しいというのが本音ではないでしょうか。

 

そんな理由から作られたのがこの医薬部外品という表示のものだということなのです。逆に言うと是非、医薬部外品というかたちで世に出して欲しいと思うのは利用者のわたしたちなのではないでしょうか。

 

世の中にはこの医薬部外品というもので、とても効果のある健康食品などもありますね。やっぱり医薬品とすることでコストが高くかかることは直接わたしたちに返ってくることなので、できることなら医薬部外品でいいので質のいい効果の高い育毛シャンプーを使いたいものです。

インターネットで中古車販売をしているお店として知られているCSオートディーラーですが、どのような特徴があるのでしょうか。

 

まず一般的な中古車販売店と違った点として売却された中古車をすぐに店頭に並べるのではなく、しっかりとした検査を行い更にコーティングと抗菌を施してからお店に並べるということを行っています。

 

もちろん抗菌もコーティングもプロが行っていますし、コーティングに関しては長持ちするガラスコーティングという方法が採用されていますので見た目は新車と間違ってしまうくらいだということです。

 

それから、CSオートディーラーは高級車を車種ごとに限定して販売している専門店ということで、車種ごとにもアドバイザーがいるという中古車センターとは呼べないくらいにしっかりとしたお店となっています。更に、保障も年単位できちんとついてくるということですので非常に安心です。

 

高級な車であればあるほどに品質に対しては大きなこだわりを持ちたいものですが、CSオートディーラーならばそれをしっかりと満たしている車を販売してくれることは間違いはありません。

 

そしてCSオートディーラーでは店頭での販売はもちろんのことですが、通信販売でも車を購入できるという驚きのシステムを採用しています。

 

もちろん購入に関しては店頭で購入するのとなんら変わらない保障もついてきますし、相談から納車が決まるまでの対応をスタッフの方がきちんと行ってくれるということなのでとても安心して車を買うことができるのも大きな特徴であるといえるでしょう。

 

高級車はどうしても手が出ないし、自分が買える価格のものはどうしても品質的に満足できるようなものではないと思っている方は決して少なくは無いでしょう。

 

そうした方に対してCSオートディーラーはお勧めできるお店であるといえるでしょう。近くに店舗がある方はもちろん、無い方もインターネットで情報を見てみる価値は十分にありますよ。

 

CSオートディーラーの特徴について:http://www.cosimoventucci.com/entry6.html

古代から中世において、子供、特に幼児や乳児というものは「白紙の存在」であると考えられたり、「小さな大人」であると考えられてきました。そのため、基本的には大人がすでに有している知識や経験を、そのまま記憶、習得させることで完成された人間になるという考えが支配的でした。

 

しかし一方で、幼児育成の現場に携わる人間においては、乳幼児は大人とは異なった認識の世界を持っており、それに合わせた方法を取らなければ、効果的な学習を行うことが難しいというのは、明確では無くとも認識されていたと思われます。そうした認識は、ルソーの「エミール」などを嚆矢として「幼児教育」という概念へと結実していきます。

 

こうした概念の歴史という点で挙げるべきは、まず先ほどの「ルソー」と「フレーベル」の2名でしょう。まずルソーは「エミール」などの著作によって、「子供には子供独自の世界と、子供が生来もつ成長の法則がある」ということを主張します。
教育とは子供を大人に近づけることだとされていた当時の感覚においてこれは革命的で、これを以って「子どもの発見」と言われています。

 

フレーベルは「幼稚園の創始者」ともいえる人で、ペスタロッチの影響を受けた後に、幼児教育確立に生涯を捧げます。子どもの自然な成長を保護してやることが教師の本質的な役割であると考え、子供たちが安全に遊び育つことができるように整備された「幼稚園」の原型を創り上げて行きました。

宝石と聞くと、結婚指輪であったり婚約指輪に使うダイヤモンドであるとか、きれいな青が印象的なサファイア、情熱の赤色ルビーなどが思い浮かぶと思う。特に宝石と言えばダイヤモンドだ。パワーストーン一覧

 

金は石というより、鉱物と言った方がいいのかもしれないが、自然石の一つであることに変わりはないと思う。宝石と一風変わった自然石の呼び方でパワーストーンという呼び名がある。自然石をある程度そのまま、形を整える程度でアクセサリーにしたりできるものだ。

 

自分の好きな効果のあるパワーストーンを選んで組み合わせることができるのが女性に人気があり、風水的なノリでとても気軽にアクセサリーを作れるので近頃では男性にも人気があるのだとか。

 

実はパワーストーン売り場にいくとダイヤモンドやサファイアなども並んでいる。もちろん宝石と呼べるものではなく、純度が低いというか研磨されていないものだ。自然石としての魅力があるので、ほのかに見える色がより好きな人もいるだろう。自分で持っていて、パワーストーンの種類を聞かれてダイヤモンドと答えたら何となくかっこよく聞こえる。

 

私個人としてはサファイアがほのかな色が出ていたりして好きだ。心を落ち着ける作用があると言われていて、パワーストーンの効果として貞操を守るなんて言われている。石で心が落ち着いて貞操を守るなんて。浮気ばっかりしている彼氏がいたら、密かにプレゼントとしてサファイアの原石でできたアクセサリーなどがいいのかもしれない。

管理人 佐藤 喜一
連絡先 info@activedigestivehealth.com

学校制度が広く普及し、国民が一般的に教育を受けられるようになると、その教授育成方法そのものへの関心が高まっていくようになります。そうした中で、教授・育成に関わる諸現象を分析し、整理体系化し、効率的な教授・育成の方法へとフィードバックしようという学問…教育学が出現します。

 

概念としては古代の頃から存在していたと思われますが、はっきりとした学問の形を取り始めるのは、宗教改革の時代にコメニウスが発刊した「大教授学」が始まりになっていると考えられます。現代に直接繋がる近代以降は、ルソーやペスタロッチによるものが始まりだと考えられています。近現代においてはヘルベルトの「4段階教授法」、ジョン・デューイなどのプラグマティズムに基づいた学習論などが強い影響力を持っています。

 

教育学はその人間全般への関わりから、非常に学際的性質を強く持っており、「総合人間学」とでも言うべき側面も持っています。哲学、宗教の分野にも関わりますし、行動学や精神分析、神経生理や脳科学、社会論や経済といったありとあらゆる人間分野に関わるのが最大の特徴でしょう。

 

また対象の性質上、不滅の学問分野とも言えるのですが、これまでも度々「本当に実地において役に立つのか」という疑問や議論が繰り返し噴出してきたこともこの学問分野を特徴付ける歴史となっています。そういった疑問を呈されつつも、単なるノウハウ蓄積ではない学問的研究が必要であることは、ますます複雑化する社会構造の中で効果的な教授と育成を行うために間違いないところであると思われます。

ホームスクール(ホームスクーリング)とは、オルタナティブ教育の一つの形であり、学校などの施設に通学するのではなく、自宅を拠点として学習を行うスタイルです。日本語訳するならば在宅学習という表現になるでしょう。

 

ホームスクーリングが選ばれる理由としては、既存の学校に対して教育方法の面から大きな不満がある場合や、哲学・宗教的な理由が存在して学校に通わない場合などがあります。既存の学校に対しての別の選択肢として「オルタナティブ・スクール」や「フリースクール」というものも存在するのですが、それの内容も合わない場合や、地理的・費用的に無理がある場合などに、保護者が学習方針や内容を決めて、自宅を主な拠点として子供の学習を指導、サポートするのがホームスクーリングということになります。

 

そもそも近代以前では、児童の教育を家庭で行うことはごく当然のことでしたが、学校制度の発達によって、近代から現代においてはあまり取られない選択肢となりました。しかし、現在社会の中で学校制度の問題点が浮き彫りになってくると、再び有力な選択肢として浮上してきたという経緯が有ります。

 

なお、アメリカなどではこうしたホームスクーリングは基本的に合法とされ、在宅学習に適した教材販売や、在宅学習から公的な学校への受け入れが進んでいます。日本では、法令上扱いがはっきりしない部分が多く、社会的なサポートも期待できないというのが現状のようです。

フリースクールという言葉を説明するとき、日本と諸外国ではかなりの隔たりが有ることをまず考える必要があります。英語圏においてフリースクールという場合、多くは「フリー」が「無料」を意味しています。すなわち、授業料無料の公立学校や低所得者向の無料学校を指しています。もう一つの認識が「オルタナティブ教育」に基づくオルタナティブ・スクールの事を指しているものです。一方、日本においてフリースクールと呼ぶときは、まず確実に「不登校の子供が通う非学校的な施設」の事を指しています。ここでの「フリー」は、国が定める学習指導要領から自由であるということを示しています。

 

日本で言うところのフリースクールは実に様々な形をとっています。比較的多いタイプは、子供と教師が近しい対等な立場にあって、教育活動内容を合意に基づいて決定していくというものですが、かっちりカリキュラムを決定して、規則正しい生活を送らせることを主題にしているフリースクールも存在します。

 

いずれにおいても共通しているのは、既存の学校制度から漏れてしまった不登校児などの受け皿として機能しているという点です。以前は、こうしたフリースクールへの通学は、学校での出席とはみなされなかったのですが、1992年以降、学校長の裁量によって学校での出席と同じ扱いにできるようになっています。これにより、既存の学校にどうしても合わない児童などが、別の選択肢としてフリースクールへ通うということが可能になりつつあります。ただし、公的な支援を受けられず、経営母体が貧弱であることが多いフリースクールに通うには、保護者の経済負担がそれなりに大きいことも考慮すべきでしょう。

学校制度が整備され、子供たちの教育レベルが十分に上昇してくると、次に注目されたのがすでに成人し、社会に出て働いている人間への学習支援でした。「生涯学習」とも呼ばれるこの概念は、1965年にユネスコによって提唱されたのがはっきりとした始まりとなっています。もちろん概念そのものはその前から存在し、日本においては「社会教育」という概念と同一視されていました。

 

生涯学習の概念が浸透するに従って発展したスタイルが「リカレント教育」というスタイルです。これは、社会に出た後の人が、必要に応じて大学に入りなおしたり、仕事を一時中断して技能訓練を受けたり、仕事に就いたままで技能や教養学習を行うというものを含んでいます。学習を人生の一時期のみで行うものとして考えるのではなく、いつでも必要と興味に応じて勉強をするというスタイルをはっきり概念化したものであると言えるでしょう。

 

特に近年は、産業技術の発達やIT技術の急進、終身雇用の崩壊などが相まって、再就職や転職のために技能知識を学び直すという例が増えています。各種資格を取って有利に転職しようという人が多くなっていることからも、勉強をするということが、人生の中で時期に縛られないものであるとの概念が浸透してきているのがわかります。

 

もちろん、必要に迫られてのみではなく、趣味や興味の一貫として学問を学ぶということも珍しくありません。情報通信技術の発達にともなって、そうした学習の敷居が下がっている事も大きな要因でしょう。